お知らせ

事務所だより 2019年1月号(2019/1/15)

事務所だより(2019年1月号)をアップいたします。


◆厚生労働省が生活習慣病の予防策を強化

 厚生労働省が、生活習慣病の予防策を強化します。 高齢者人口が増えるなか、健康に過ごせるようにするのが目的です。 背景には人手不足があります。


◆平成30年「高年齢者の雇用状況」集計結果より

 厚生労働省が平成30年「高年齢者の雇用状況」(6月1日現在)を公表しました。 今回の集計結果は、この雇用状況を報告した従業員31人以上の企業15万6,989社の状況をまとめたものです。


◆4月から労働条件の通知がFAXやメールでも可能になります!

 厚生労働省は、現在、労働基準法で定められている労働条件の「書面」での通知について、4月1日からFAXやメール等でも可能とし、規制を緩和させることを決めました。 企業にとっては印刷や郵送にかかるコストや手間の削減ともなり、利便性が高まることが期待されます。


◆過去最高を記録した「人手不足倒産」~帝国データバンク動向調査より

 2018年度上半期の人手不足倒産件数は76件で、前年同期(54件)より40.7%増えており、2年連続で過去最多を更新しています。