お知らせ

事務所だより 2018年2月号(2018/2/10)

事務所だより(2018年2月号)をアップいたします。


◆調査結果にみる「副業」に関する時間と収入の実態

厚生労働省から副業・兼業のモデル就業規則が、公表されました。 「柔軟な働き方に関する検討会」の資料によると副業の希望者数は、1992年と2012年で比較すると100万人以上増えています。 こうした動きを受け企業は、自社の副業・兼業の取扱いを考える必要がありそうです。


◆国際比較にみる日本の労働生産性水準

働き方改革で労働生産性の向上が論じられています。 日本の労働生産性の水準は、国際比較をすると、どうなのでしょうか? 日本生産性本部の調査結果をみてみます。