お知らせ

事務所だより 2016年12月号(2016/12/1)

事務所だより(2016年12月号)をアップいたします。


◆「定年後再雇用者の賃金減額」をめぐる裁判で会社側が逆転勝訴

労働者側の弁護士は上告する方針を示しており、最高裁まで進む可能性がありますが、最終的な結論がどちらに転んだとしても、今後会社としては「定年後の再雇用者の処遇」については慎重な判断が求められると言えるでしょう。

◆内閣府の調査結果にみる「働く女性」の実態